Living with flowers

朝晩は肌寒日が続いていますが、家の周りの足元を見れば、畑にオオイヌフグリが広がり、草が伸び、ぺんぺん草の花が咲き、ムスカリが元気に群生しています。色鮮やかな新緑の季節の足音が聞こえてきますね。

わが家では庭のぺんぺん草を、壁にかけてあるガラスの花瓶に生けました。
それだけでも季節感のある明るい雰囲気の空間になりました。
お家で過ごす時間の多い今、お部屋の中で季節を感じてみるのもいいかもしれません。

身近にある野花、お気に入りの旬のお花、ドライフラワー、フレッシュなグリーンなどを飾ることができるのは花瓶だけではありません。
気分に合わせて素敵な花器になるアイテムをご紹介させていただきます。

1990’s WEDGWOOD Bone China Milk Jug

ビンテージWedgwood。ボーンチャイナのミルクジャグ。
ふつうの磁器のような青白色ではなく、乳白色のなめらかな艶感がお花を引き立てます。

1960’s MIDWINTER ROSELLE Coffee pot

イギリスの陶器メーカーMIDWINTERのROSELLEシリーズ。
1960年代に発表されたとは思えないほど古さを感じさせないデザイン。
コーヒーポットも素敵な花器に。

CIDER Jug M

コッパーが雰囲気の良いサイダージャグ。
フックも付いているのでアイビーなどの吊るしても素敵な植物も雰囲気よく楽しめます。

Vintage Big Glass Bottle

ビンテージのガラスボトル。
気泡の入り方にも味があります。
大きさもあるので枝物をさしても安定感あります。
玄関などに置いてもいいですね。

1970-80’s DENBY CHATSWORTH Coffee pot

ブルーとホワイトのコントラストが綺麗な英国DENBY(デンビー )社のポット。
デンビー社は200年という歴史のある老舗メーカー。
大きめの口は、丈の長い植物や同じ種類のお花を束ねていけるのにもぴったりです。

POOLE Twintone Coffee Pot

100年以上の歴史のあるイギリスのPoole Pottery(プール・ポタリー)のコーヒーポット。
クリーム色とブラウンのマットな質感は、モダンな雰囲気と上品なたたずまいが印象的です。

Vintage Spice Pot

フランス製の陶器キャニスター。
食卓やデスクなど飾る場所を選びません。

お花がある生活。
季節を感じながら、ちょっと豊かな気持ち、時間を感じさせてくれますね。

yaguchi