ピクニックを楽しむアイテム

毎年人気の「工芸の五月」は今年も盛況のうちに終了し、松本の町はほっとひと息ついたような、のんびりとした空気が漂っています。

清々しい初夏の風を感じながら、壮大で爽やかな北アルプスの山々を眺めていると目的地を決めずにフラッと自然の中へ出かけて、ゆったりとした時を過ごしたい気持ちがこみ上げてきます。

今日はそんなワクワクが高まるこの季節にぴったりの雑貨をご紹介します。

Picnic Rug (Japan) ¥1,300+tax

こんなレジャーシートを探していました!

丈夫な工業用の紙を使って作られたピクニックラグ。表面は撥水性があり、裏面には耐水性も兼ね備えた高機能でとても丈夫な再生紙なんです。そして折り畳んでも厚みが出ずとても軽いので、バックの中に入れても邪魔になりません。

1番のオススメポイントは、独特のしわによる凹凸から生まれる柔らかな使い心地と自然と撫でてしまうような、さらさらとした手ざわり。

家族や友人とのお出かけ中、ちょっと休憩したいな、というときにサッと引けば、気軽にピクニック気分を味わえますね。また、お気に入りのドリンクや本を持ってぷらっと散歩に出て、木陰にこのシートを引いてゆったりとした時間を過ごすのも魅力的です。

Wood Tray (Sweden) 上¥4,000+tax 下¥3,800+tax

スウェーデンからやってきた白樺のトレイ。職人の手仕事で丁寧に作られています。

キュートな青い魚が目に飛び込んでくる楽しげなトレイは、スウェーデンを代表するデザイナーのマリアンヌ・ウェストマンによって生み出されたデザイン『ピクニック』シリーズです。名前の通り、ピクニックに連れて行きたくなりますね!

生き生きとした葉脈が魅力的なトレイは、有名デザイナーのスティグ・リンドペリの最も人気のある『ベルサ(スウェーデン語で葉っぱの意味)』の復刻デザインです。

家事の合間の休憩タイムで、このトレイにコーヒーとクッキーやアイスクリームを載せて使用すること想像するとお掃除やお洗濯がいつも以上にはかどりそうですね。普遍的な美しいデザインなのでキッチン用品のワンポイントとしても◎。

このトレイ達に子供サイズのカップやフォーク,お皿などが載っていたらとても可愛らしいので出産祝いのギフトとしてもオススメです。

Opener (Spain) ¥1,200+tax

ギア好きの心をくすぐるアイテムがスペインのバスク地方からやってきました。

50年以上販売され続けているロングセラーアイテム。栓抜き、缶切り、としてだけでなく、マイナスドライバーにもなるという多機能性!スチールでニッケル加工のため錆びにくく、軽くコンパクトなので持ち運びにも非常に便利です。手のひらにすっぽりと収まるサイズ感は、思わず“かわいい”と言ってしまいそうな不思議な魅力がありますよ。

キャンプなどのアウトドアに持っていけば、なんだか出番が待ち遠しくなる、ワクワクするアイテムです。先端の穴にお気に入りのロープを通してカスタムするのも楽しそうですね。

Military Cutlery Set (Hungary) ¥2,800+tax

スプーン、フォーク、ナイフ、缶切がセットになったハンガリー軍のステンレスカトラリーセット。デッドストック(未使用品)なので状態も大変良いです。

1つに収納した時の納まりの良さと、シンプルなデザインにハンガリー軍の紋章が目を引きます。やはり、ミリタリーアイテムの機能美はたまりません!

青空の下、お肉料理やパスタ料理、カレーなど、どんな料理も美味しく食べられそうです。

Cooler Bag (Japan) S¥5,500+tax / L¥6,500+tax

夏の定番アイテム、カゴバッグ。

こちらはチャックを開けると、、、そう、保冷バッグなんです!
マチがほどよくあるので、小さいサイズはランチバッグとして普段使いに、大きいサイズはピクニックに活躍しそうなサイズ感。

シンプルなデザインは、どんなコーディネートにも合わせやすいので、これからの季節のお出かけをさらに楽しくしてくれそうですね。

yaguchi