toggle
2017-10-27

SOUTHERN FIELD INDUSTRIESのバッグ

90年代、父親の元で競争馬向けの馬装品づくりを一から学び、
手仕事の素晴らしさ、そして大切さを実感した岡田学さんとパートナーの恵子さんが
手間と時間を惜しむこととなくひと針、ひと針、丁寧に縫製し作り上げているバッグ達。
6年程前、ご自宅兼工房に伺い、どうやって製作をしているのか見せていただきました。

 

埼玉の緑豊かな丘陵地に囲まれた小さな町にご自宅兼工房をかまえ
美しい自然の中で培われた暮らしの延長線上にある手仕事をとおして
「時代に左右されないものづくり」の姿勢が国内外を問わず高く評価されています。

 

 

今回入荷してきたバッグはまずこちらのシンプルなトート。


SHOPPER ¥20,000 +tax (Desert / Black)

パリッと張りのある丈夫なパラフィン帆布を使い、レザーのパイピングで丁寧にとめられています。
持ち手のレザーもしっかりとした厚さがあり、厚手のコートを羽織っていても肩にかけやすい長さ。
そして内側にはポケット一つと、両脇のポケットには500mlのペットボトルもすっぽりと入るのでとても使い勝手がいいです。

 


MESSENGER ¥18,000 +tax (Black / Tan)

国産の真鍮パーツにしっかりとした厚さのレザーベルトなど細かいところまでこだわって作り上げられたショルダーバッグ。内側にはジッパー付きのポケットも。マチがあるので見た目よりもしっかりものが入ります。

 

何よりも、時間を惜しまない丁寧な仕事と、岡田ご夫妻の素敵な人柄に溢れたバッグ達。
私自身、大好きで大切にしていきたいブランドです。

 

店主

関連記事