toggle
2017-08-19

2017.7月 イギリス買い付け後記

今回はベルギーやフランスが候補にあがりましたが、複雑な工程をあーでもないこーでもない
と考えてた結果、イギリス一国に絞り買い付けに行ってきました。

いつもはFinnairかBritish Airwaysでヨーロッパに行きますが、
うーーんすごく高い!
毎日チェックする度にどんどん高くなっていきます。

乗り換え時間が長く体の負担が大きいですが、安さでエミレーツ航空で出発することに。
でも2階のある飛行機は楽しみ!


アラブ首長国連邦、ドバイにつきました。これから6時間の乗り換え待ち。。。

 

イギリス、ヒースロー空港からまずは西の果てコーンウォール地方へ。
アンティークのフェアに合わせて移動するので、同じ道をいったりきたり、
約2700kmの行程を、眠気と戦いながら進んでいきます。
今回はほぼ移動のみの買い付け旅となったので、写真でご紹介しますね。


ひたすら続く丘陵地帯を進みます。

 


最初のアンティークマーケット、テンションが上がります。

 


なんかいつもと違う、きれいなフルイングリッシュブレックファースト。

 


珍しくsale会場のようにすごく混んでいるアンティークマーケット。もしかして穴場の格安フェアかと思ったら、高い!!

 


お客様のご要望もあり、Tricker’sの工場へ。

 


地方に行くと、こんな豪華なゲストハウスに安く泊まることができます。奥さんは女優さんだったんでしょうか。。。
うちも写真や絵を飾っていますが、もっと素敵に飾ってみよう!

 


あっ、これこれ。いつものフルイングリッシュブレックファースト。朝から多すぎます。

 


ビッグアンティークフェア!丸一日かけて、1700ストールをくまなく見ていきます。しかし集中して見れるのは6時間が限界。。。

 


フェア会場にはBARまで。。。この暑さ、飲まずにはいられないですよね!

 


Eastbourne(イーストボーン)という海辺の町。

 


Rye(ライ)という石畳の素敵なアンティークの町。

このRye(ライ)という町は、以前働いていたDEPOT39の代表天沼さんがよく訪れていた場所です。
先日アンティークについてのトークショーをやらせていただく機会があり、今回ふと思い出し、立ち寄りました。もう20年も前のことですが、当時は自分がここまでアンティークに携わっていくとは思いもよらなかったです。

 

今回買い付けてきたものを一部ですが、ご紹介しますね。


Early 1900’s French linen tunic (France) ¥29,800 +tax

 


1940’s Snake leather Vintage handbag (England) ¥24,800 +tax

 


1950’s Sapphire diamond ring (England) ¥34,800 SOLD OUT

 


1970’s Sapphire diamond Pierced earrings (England) ¥28,000 +tax

 


1970’s Hornsea Coral c/s (England) ¥4,800 +tax

 


1920’s Wood calendar (England) ¥42,000 +tax

 


1950’s Hedgehog Potpourri pot (Denmark) ¥6,800 +tax SOLD OUT

 

店主

関連記事