toggle
2016-11-10

JOHN BRANIGANのニットのご紹介

松本は日々寒くなり、白馬の方の山頂は真っ白で素晴らしい景色が広がっています。

毎朝自転車で、そんな景色を見つつ気分もすっきりと通勤していますが
暖かく包んでくれるウールは手放せません。
皆様も冬の準備は整いましたでしょうか?

 

今日はアイルランドより届いた上質なウールの新作のコートをご紹介させていただきます。

アイルランドで100年以上、ツイードやジャガード、ニットなど
数多くのアイテムを作り続けている歴史あるニットブランドJOHN BRANIGAN(ジョンブラニガン)。

まずはこちらのチェスターコート。

pb070122
¥26,800 +tax
ふっくらと肉厚なニットで羽織ったときのウォーム感が魅力な一着。
メンズライクでかっこよくなりがちなチェスターコートも
表情豊かなふっくら編みで柔らかな印象になっています。

 

pb070093
pb070111
¥22,800 +tax
こちらもざっくりと編み上げた肉厚の暖かなニット。
肩を落としたデザインで袖が細身のキリッと大人っぽい感じに。
しっかりと厚みがありますが、軽くてカーディガンを羽織る感じでお使いいただけます。
フロントを開けたときと閉めたときでずいぶん雰囲気が変わり
インナーはシャツでもタートルでもいろんな着こなしが楽しめる一着です。

 

pb070091
¥23,800 +tax
ノーカラーのすっきりとしたデザインのチュニックコート。
ゆったりとした袖は手首が少し出る8分袖なのでインナーをのぞかせてアクセントに。
ビッグシルエットなので、インナーに厚手のニットも着用でき、
きれいめにもカジュアルにも着やすいコートです。

 

その他にも暖かいニットの手袋や帽子などの小物もたくさん揃っていますので
是非ご覧にいらして下さい。

 

店主

関連記事